Astoltia Side Eorzea Side

アストルティアめぐり旅 (2)
コルット地方

いいね♪ 1 この記事を「いいね」と思ったらハートをクリックお願いします♪
Loading...
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ
にほんブログ村

アストルティアめぐり旅 (2) コルット地方

アストルティアめぐり旅 記事一覧

※この連載記事は、ドラクエ10のネタバレを含むことがあります。今後の冒険開始を予定していて、ネタバレを回避したい方はご注意ください。(基本的にVer.1範囲ですが、冥王ネルゲルを倒す前にVer.2以降に実装されたクエストなどをやっている場合は、その範囲も含みます)

コルット地方のご紹介♪

「アストルティアめぐり旅」第2回「コルット地方」です♪

2014/02/08
コルット地方にはじめて入った!
ウェナ諸島
ウェナ諸島
コルット地方
コルット地方
マップ
マップ

ここは初期村近くだけあって、とっても平和な場所です♪

ただ、移動時は気をつけないと、あっちを向いてるモンスターにぶつかります。(スライムたちがこちらを見たら逃げていきますけどw)

スライムやモーモンしかいません
スライムやモーモンしかいません

コルット地方の強敵エリア

マップ右上の場所に登って行くと、ちょっと強いモンスターもいます。今のわたしには怖くないですけど、冒険を始めたばかりの方はあっさりやられるので、気をつけましょう。

サンダーフロッグ、デンタザウルスたちがいます
サンダーフロッグ、デンタザウルスたちがいます
マップのこのあたりです
マップのこのあたりです

このへんには今まで全く来たことなかったかもしれませんw

ほら、取ってない赤箱発見!w
ほら、取ってない赤箱発見!w

中身はまほうの小ビンでしたがw

登らずにマップ左へ進むと「浜辺の洞くつ」がありますが、ここはいわゆる初心者殺しのポイントで、うっかり迷い込むと、アイスボンバーガルバ&ゴルバボッコボコにされるので、初心者さんは気を付けましょうw

慰霊の浜方面へ

こんなところにシスター…お疲れ様ですw
こんなところにシスター…お疲れ様ですw
シスターのいた場所を降りると、しましまキャットたちがいます
シスターのいた場所を降りると、しましまキャットたちがいます
ここを入ると、次回ご紹介する「慰霊の浜」に着きます
ここを入ると、次回ご紹介する「慰霊の浜」に着きます

この「慰霊の浜」は、いわゆるボス部屋でもあり、そんなに広い場所でもないので、次回の記事は短めになります。そんな感じで、今回みたいに長めのご紹介記事と、短めのを織り交ぜて、この連載は続けていきたいと思っています。(長い記事ばかりじゃ疲れますしw)

うっかりドラキーにぶつかってしまいましたが…
うっかりドラキーにぶつかってしまいましたが…
びっくりして動けなかったようなので、見逃してあげましたw
びっくりして動けなかったようなので、見逃してあげましたw

地底湖の洞くつ方面へ

こんなところにエーテライト…じゃない、ルーラポイントがw
こんなところにエーテライト…じゃない、いざないの石碑がw
いざないの石碑=ルーラ登録できる場所です。

ここを進むと「地底湖の洞くつ」に入れます。次の次でご紹介しますw

夜が明けてきました♪
夜が明けてきました♪
基本的にコルット地方は穏やかなところです♪
基本的にコルット地方は穏やかなところです♪
ウェナ諸島は海がきれいです♪
ウェナ諸島は海がきれいです♪
すっかり朝になりました♪
すっかり朝になりました♪
この小さな滝は「道しるべの滝」です
この小さな滝は「道しるべの滝」です

レーナム緑野方面へ

ここからレーナム緑野へ行けます
ここからレーナム緑野へ行けます

コルット地方は、いわゆる初期村に隣接する地域のひとつですので、モンスターは(一部地域を除いて)とっても弱いです。ここでLv10あたりをめざして戦うことで、プレイヤーは戦い方に慣れていくというわけですね♪

最後までお読みいただきありがとうございました♪

本文中で触れましたが、次回は「慰霊の浜」をご紹介します。ストーリー進行的には、この段階ではまだ戦いませんが、あとで再度訪れ、そのとき最初のボスと戦うことになりますので、いわゆる「ボス部屋」ということになります。部屋じゃなくて浜辺ですけどねw

いいね♪ 1 この記事を「いいね」と思ったらハートをクリックお願いします♪
Loading...

コメントをどうぞ♪

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

・コメントは承認制です。お送りいただいてから公開まで少しお時間を頂きます。
・Twitterなどでログインされる場合、WordPressとのアプリ連携が必要になる場合があります。
・参加されているSNS等に本名で登録されている場合、本名がここに表示されてしまいますのでご注意ください。
・頂いたコメントに必ずお返事することをお約束できませんので、あらかじめご了承ください。