Astoltia Side Eorzea Side

アストルティアめぐり旅 (6)
ジュレー島下層

いいね♪ 0 この記事を「いいね」と思ったらハートをクリックお願いします♪
読み込み中...
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ
にほんブログ村

ジュレー島下層

アストルティアめぐり旅 記事一覧

※この連載記事は、ドラクエ10のネタバレを含むことがあります。今後の冒険開始を予定していて、ネタバレを回避したい方はご注意ください。(基本的にVer.1範囲ですが、冥王ネルゲルを倒す前にVer.2以降に実装されたクエストなどをやっている場合は、その範囲も含みます)

ジュレー島下層のご紹介♪

「アストルティアめぐり旅」第6回「ジュレー島下層」です♪

2014/02/08
ジュレー島下層にはじめて入った!
ウェナ諸島
ウェナ諸島
ジュレー島下層
ジュレー島下層
マップ
マップ
地方の地図」には「ジュレー島下層」という項目はないので、西側へ出るとミューズ海岸という位置関係から推定される位置に赤丸をつけています。この部分の地下が「ジュレー島下層大空洞」だと思われます。

冒頭の写真ではパンプキン頭になってますがw
これはハロウィンシーズン限定レンタル衣装です。この衣装で撮影したので、なんとか10/31中に掲載したいと、当日夜にがんばってこれを書いてますw

ストーリー上で訪れるタイミング

まず、ウェディで物語を開始した場合の流れですが、前回訪れたレーナム緑野では、祈りの宿にのみ用があり、その後、慰霊の浜へ引き返して、そこで最初のボス戦となります。その後、一人前の証を得て、レーナム緑野からジュレットの町を目指して、この下層を通ることになります。

ジュレー島下層への渡し場
ジュレー島下層への渡し場
レーナム緑野からは渡し守ソマークさんが連れてってくれます
レーナム緑野からは渡し守ソマークさんが連れてってくれます

この連載では、冒険日誌で「○○にはじめて入った!」と書かれている順番に掲載していますので、必ずしもストーリーに沿っているわけではありません。そのため、わたしがストーリーと関係のない場所へふらっと立ち寄っていた場合は、そのエリアを先に紹介することになります。

今はアストルティアの冒険でも(ウェディにとっては)最序盤のエリアなので、ストーリーの流れをあわせて書くようにしています。正直、これが誰に向けての文章なのか、わたしにもわかっていませんww

おそらく熟練の冒険者にとっては懐かしいでしょうし(わたしも撮ってて&書いてて非常に懐かしいですw)、ウェディ以外の種族を選んだ方は、この序盤の流れ自体ご存じないかもしれません。

また、これから新たに冒険を始める方には、何らかの参考にしてもらえたらと思っています。ネタバレって言ったって、スーパーマリオでいえば1-1みたいな部分ですから、この先の果てしない冒険から見れば、ほんのさわりの部分ですのでw

大空洞と遺跡

このジュレー島下層には2つのエリアがあって、今回ご紹介する「大空洞」とは別に「遺跡」があります。この2つの道は繋がってないので行き来することはできないのですが、大空洞でマップを広げて↑キーを押すと、遺跡のマップが表示されます。遺跡の方には、次の次でご紹介するジュレットの町から入ることが出来るのですが、実はここがストーリーに関わってくるのは、なんとVer.3.0のことです。

冒険日誌では「ジュレー島下層」にはじめて入った、と記録されているので、遺跡に入ったときには記録されません。つまり本来は遺跡もあわせてご紹介すべきなのですが、今回は割愛して、ジュレットの町をご紹介する際に少しだけ触れたいと思います。ちなみにその遺跡は初心者殺しポイントですw

かつて屈指のトラウマポイントでした

それではレーナム緑野からジュレー島下層へ渡ってみましょう。

ちなみに記事冒頭の写真にいるイケメンは、レーナム緑野への渡し守マルーノさんです。

下層に入ってすぐのところです
下層に入ってすぐのところです

入るとわかるのですが、ここはBGMがありません。いきなりシーンとしていてビビります。そして水がしたたり落ちる音

余談ですが、Ver.1.5までの間、各地のフィールドは夜になると音楽が止まりました。シーンとした中、モンスターの動く音や風や雨の音だけが聞こえるという、なかなか臨場感というか風情のある雰囲気だったのですが、Ver.2でディレクターに就任したりっきーこと齋藤 力さんが、

プレイ中は できる限り すぎやま先生の曲に包まれていたい。

という言葉とともに、そんな個人的な好みを理由に、夜も音楽が鳴る設定に変更してしまいました。公私混同!?

参考: 大型アップデート情報 バージョン2.0 (冒険者の広場)

わたしもドラクエの交響組曲を聴きまくるほど、すぎやまこういち先生の曲の大ファンではありますが、夜にBGMが止まるのも味があって好きだったんですけどねw

まあそれは余談で、ここジュレー島下層では昔から常時BGMがありません。シーンとした中、カニヒトデクラゲ大量に蠢いていて、しかも薄暗い洞窟新米冒険者が通り抜けるわけです…

おまけに、そのカニやヒトデやクラゲがめっちゃんこ強かったら!?w

Ver.1の頃はまさにそんな感じでした。新米冒険者に容赦なくトラウマを植え付けたのがこのダンジョンだったのです。

わたしが冒険を始めた頃は、すでにサポート仲間が強いこともあって(※)、それほど苦労はしませんでしたが、かつてPC版が発売される前にベータテストが実施されていまして、その頃にそのトラウマを体験することができました。

(※) ちょっと紛らわしいので補足しますと、わたしが冒険を開始した頃は、まだ最初からサポート仲間を貸してもらえたわけではありません。2垢だったので、たとえばあかり姉がサポート仲間を借りて連れてくると、そのサポさんたちが強かった、というような意味あいです。レーンの村など初期村を出る時点で、サポート仲間3人を貸してくれるようになったのは、Ver.3.4の前期からです。
参考: 大型アップデート情報 バージョン3.4[前期](冒険者の広場)

当時はウェディ男で参加したんですが、まずサポート仲間なんてジュレットに着くまでの間はいません。初期職業が武闘家だったので、とにかくツメが通らない通らない…死にまくりでしたw

さあどうしようかを思っていたところに、優しい先輩冒険者が現れて、ジュレットの町へ連れて行ってくれたのです。それが初めてオンラインゲームっていいわぁ~と感じた瞬間でしたw

ここの海産物は強かったw 向こうにデンタザウルスまで…
ここの海産物は強かったw 向こうにデンタザウルスまで…

海産物というのは、ぐんたいガニおばけヒトデしびれくらげですね。みんな格下Lvが20前後なんですが、新米冒険者はLv10やそこらです。まさしく行く手を阻まれてレーンの村の教会送りになる冒険者が…多かったんですVer.1の頃は!w

今は強いサポート仲間が一緒だから平気ですねw
でもデンタザウルスだけはLv70と超強いので気を付けてくださいw

ここはウェナールシェル、とげウニなど高級素材もよく採れます
ここはウェナールシェル、とげウニなど高級素材もよく採れます

マップ南側のルートで進むと、カニたちは強いものの、デンタザウルスを回避しながら進むようにすれば、まだどうにかなります。

ところが北側のルートを進むと、細い道にポイズンリザードがいて、Lv10前後の冒険者を毒まみれにして葬りますw

北側ルートはこの立て札のところから
北側ルートはこの立て札のところから
Lv23程度ですけど、新人はどくけしそうなんて持ってませんもんねw
Lv23程度ですけど、新人はどくけしそうなんて持ってませんもんねw

青箱みつけました♪
青箱みつけました♪

こんな神秘的な遺跡もあります
こんな神秘的な遺跡もあります

マップの行き止まりのあたりにはオニオーンもいます。

例によってここからルーラが可能です
例によってここからルーラが可能です
ちゃんと天井には穴があいてます
ちゃんと天井には穴があいてます

キラキラ集めにいいかも♪

まあ、トラウマというのは昔の話で、今はデンタザウルスにさえ気を付ければ、それほど難所ではありません。むしろ序盤のキラキラ集めにちょうどいいかもしれませんね。ここで集めた素材をジュレットに着いてからバザーで売れば、最初のうちは結構な金策になるでしょう♪

ちなみにこの記事執筆時点の相場を見ると、ウェナールシェルは1100Gあたり、とげウニ(おばけヒトデの通常ドロップ)は700Gあたりです。おばけヒトデのレアドロップはホワイトパールですが、そっちは200Gしませんでしたw

ここを出ればミューズ海岸です♪
ここを出ればミューズ海岸です♪

というわけで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました♪

レーンの村を出て新しい島へ上陸し、ジュレットの町へ向かうわけですが、その前にあとひとつ通過するマップがあります。次回はそのミューズ海岸をご紹介します♪

ちょっとここまでハイペースで記事を書いてきましたが、次回の写真はまだ撮りに行けてないので、公開まで少しお時間を頂くと思いますw

それではまた次回お会いしましょう♪
それではまた次回お会いしましょう♪
いいね♪ 0 この記事を「いいね」と思ったらハートをクリックお願いします♪
読み込み中...

コメントをどうぞ♪

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

・コメントは承認制です。お送りいただいてから公開まで少しお時間を頂きます。
・Twitterなどでログインされる場合、WordPressとのアプリ連携が必要になる場合があります。
・参加されているSNS等に本名で登録されている場合、本名がここに表示されてしまいますのでご注意ください。
・頂いたコメントに必ずお返事することをお約束できませんので、あらかじめご了承ください。